旦那との喧嘩を激減させ円満な家庭を作るための話し方

円満な家庭を作る
という意味では

やはり子育ての観点から見ても
夫婦関係はとても重要な
要素の1つです。

なので今日は旦那さんと
口論をしてしまいがちな
お母さんに向けて

『旦那さんとの喧嘩が減る話し方』
についてお話ししようと思います。

今日お話しするお話を
きちんと理解すれば

あなたが今まで些細なことで
喧嘩をしてしまっていたり

旦那さんの気持ちが
全く分かっていなかったとしても

旦那さんと喧嘩を
してしまうことが激減し

円満な夫婦関係を
築き上げることが
できるようになります。

逆に覚えていなければ
あなたはこれから先

何回も何回も
同じような内容の
喧嘩を繰り返すこととなり

子供にとって
悪い影響を与え続けるのはもちろん

あなた自身の体も
ストレスでボロボロに
なってしまうかもしれません。

男性と女性は脳が全く違う

あなたは男性と女性で
脳の作りが全く違うということを
ご存知でしたか?

物理的に脳の作りが違うので
実際に女性の言っていることは
男性に伝わりにくく

逆に男性の言っていることも
女性に伝わりにくいことが
わかっています。

逆に同性同士では
意思の疎通の問題はあまり
起こりません。

私たちはほとんどの場合
相手が自分と同じ脳の構造
をしているという前提で
話をしています。

ですが、実際には
男女で脳の作りが違っているので

相手の態度に腹が立ったりして
喧嘩をすることが多くなるんです。

逆に言えば
相手がどのような脳の構造
をしているかを知れば

自然と喧嘩をすることも
少なくなっていきます。

夫婦間で喧嘩になりやすい男女の思考の違い

夫婦喧嘩の原因になりやすく
特に代表的な思考の違いの1つに
『察する力の違い』という
ものがあります。

女性は察しが良く
言葉の裏の裏まで見透かす
力を持っていて

逆に男性は
良くも悪くも察しが悪いため

実際に言葉にされたことを
そのまま受け取る傾向があります。

逆に言えば男性の言葉は
裏表がなくまっすぐなので

本当にそのままの意味
であることが多いです。

ですが、女性は
あまりにも察しが良すぎるので

本来ならばありもしない
男性の言葉の裏を想像して
傷つくこともよくあるんです。

要するに男性視点からは

『なんで言葉にしてくれないんだよ!』

となりますし

逆に女性からすると

『なんで察してくれないの!』

となるわけです。

つまり女性からすれば
男性の言葉は言葉の意味を
そのまままっすぐ受け入れて

逆に男性に対して何かを言う時は
1から10まで全て言葉にしてあげる
ようにしていくのが

夫婦喧嘩を避け
夫婦関係を円満にすることができる
最高のコミュニケーション術に
なります。

これを日頃から実践していくだけでも
あなたの夫婦関係は何倍も
円満なものに生まれ変わるでしょう。

まとめ

今日は男女の思考の違い
についてお話ししました。

今日お話しした
男女の考え方の違いについては
完全に脳の作りが違いますので

基本的には
変えることはできません。

ですが、あらかじめ
相手に正しく物事を伝えるには
どうしたらいいかを
知っているだけでも

夫婦関係は驚くほど
円滑なものになっていきます。

あなたも是非夫婦で会話をするときは
今日お話しした男女の思考の違いを
思い出してみてください。

きっとただ意識しているだけでも
喧嘩が激減していくはずです。

この記事の感想を
教えてください! 

  • 面白かった! 
  • 普通 
  • つまらなかった 

シェアする

フォローする

この記事を書いた人

この記事を書いた人

 

 子育てアドバイザー、
 心理カウンセラー。

 

両親の不仲、激しいいじめなどの様々な原因から幼稚園児の頃に自己肯定感がボロボロになった。

幼稚園児の頃から大学生まで常に自殺未遂をしながら生きてきたが、心理学と出会い自己肯定感の低さを克服。

現在は自分のように家庭環境が原因で苦しんでいる子どもや子育て中のお母さんのために自分の経験や知識を広めるため活動中。

プレゼント

ブログ読者限定
プレゼント!!