テレビはガンガン見せるべき!?子育てにテレビが有効な理由

今日は
『どのくらい子供にテレビを
見せても大丈夫ですか?』
という質問をいただいたので

子供の発育とテレビの関係について
お話ししたいと思います。

これについて知らないままだと

本来ならば見せてもいいのに
必要以上にテレビを
子供から遠ざけてしまったり

テレビ自体が悪だと勘違いし
本来はテレビは子育ての味方
なのにもかかわらず

それを有効に使うことが
できなくなってしまいます。

逆にテレビを上手に
使いこなすことができれば

お母さんの負担も大きく減りますし
子供の教育の助けにもなります。

テレビが子供に与える影響

テレビは基本的に
子育ての強い味方となってくれます。

『テレビは子育てに対して
悪影響を与える』だとか
『テレビは1日2時間まで』
などと言われていますが

基本的にどの意見も
科学的根拠はあまりなく
信憑性は低かったです。

むしろテレビは見せる
メリットの方が多く

上手く使うことができれば
お母さんの負担も軽くなりますし

子供の情操教育や
感情の発達などにも
役に立ってくれる
非常に心強い味方です。

テレビの有効な使い方

テレビを有効に使うためには
きちんと番組の内容を
親が選んであげる必要があります。

特に善悪の区別がつかない年の
子供には過激なものは見せない方が
懸命だと思います。

子供はミラーニューロンによって
強くイメージしたものに
自然に似ていってしまいますから

内容があまりに暴力的だったりすると
暴力的な子供になる可能性が高まります。

逆に言えば正義感の強い
キャラクターを子供に見せたり

優しいキャラクターを
子供に見せたりすれば

正義感が強かったり
優しい子に育ちやすくなります。

テレビは基本的に
何時間見せても良いと思うのですが、

視力が悪くなる可能性があるので
定期的に(物理的に)遠くにあるもの
を見つめさせて目のコリをほぐしたり

運動のしなさすぎで
身体機能が低下してしまわないように
適度な運動はさせるようにしましょう。

あとは適度に人と関わってさえいれば
基本的にテレビが害となることは
あまりないはずです。

むしろメリットの方が大きいので
積極的に見せてあげるのを
僕はおすすめしています。

まとめ

今日はテレビが子供に与える影響と
テレビの有効な使い方について
お話ししました。

ちなみにではありますが
ゴシップネタや時事ネタなどの
ネガティブなニュースに関しては

子供に対しても大人に対しても
最悪な影響しか与えないので
極力見ない方がいいと思います。

そういったものさえ避ければ
テレビは子育ての心強い味方なので
上手に使っていきましょう。


この記事が『面白かった』
『ためになった』と感じたら
下のボタンからコメントを付けて
つぶやいてくださいね!

コメントには
いいね付けに行きます!!

シェアする

フォローする

この記事を書いた人

この記事を書いた人

 

 子育てアドバイザー、
 心理カウンセラー。

 

両親の不仲、激しいいじめなどの様々な原因から幼稚園児の頃に自己肯定感がボロボロになった。

幼稚園児の頃から大学生まで常に自殺未遂をしながら生きてきたが、心理学と出会い自己肯定感の低さを克服。

現在は自分のように家庭環境が原因で苦しんでいる子どもや子育て中のお母さんのために自分の経験や知識を広めるため活動中。

プレゼント

ブログ読者限定
プレゼント!!

人気記事はこちら

人気記事はこちら