子どもにかかる費用はいくら?通う学校別の必要金額まとめました

子育てをしていると
『将来お金足りるのかな?』って
不安になることが
ありますよね?

子どもが大人になるまでに
いくら必要なのか知って

そのためにはいくらの収入が
必要なのかがわかれば

いつかお金が必要になる時も
安心できますよね?

今日は高卒、大卒など
それぞれの条件別の
必要な金額をまとめてみました!

子どもが大人になるまでに
かかる金額は?

子どもが大人になるまでに
かかる金額を考える時
まず最初に気になるのが
子どもの学費ですよね?

細かな金額は
もちろん学校によって違いますが、
大まかな学校の
1年間の学費は以下の通りです。

・公立保育園・幼稚園 年30万円

・私立幼稚園 年50万円

・公立小学校(必要経費) 年10万円

・私立小学校 年130万円

・小学校 習い事 年20万円

・公立中学校(給食代等) 年20万円

・私立中学校 年100〜150万円

・中学校 習い事 年20万円

・公立高校 年20万円

・私立高校 年100〜150万円

・予備校等(1年のみ) 年20万円

・大学受験費用(移動費等) 年50万円程度

・国立大学 年50万円

・私立大学(文系) 年70万円

・私立大学(理系) 年100万円

・仕送り 年120万円

全部公立の場合 計1200万程度

大学のみ私立の場合 計1400万円程度

高校大学と私立の場合 計1700万円程度

全部私立の場合 計2900万円程度

ここに食費を加えて
計算してみると
(食費は1日1000円とします)

22(年)×365(日)×1000(円)
=803万円

つまり食費込みで

全部公立の場合 計2000万円

大学のみ私立の場合 計2200万円

高校大学と私立の場合 計2500万円

全部私立の場合 計3700万円

程度で子どもを1人
育てることができます。

こう見ると公立と私立で
かなり開きがありますね。

では次に、
どれだけの収入があれば
子どもを養いながら生活できるかを
見ていきましょう。

いくら稼いでいれば
安心できる?

余裕を持って
私立の高校と大学を
卒業させる前提で計算すると、

2500(万円)÷22(年)
=年間110万円

ここに洋服や誕生日プレゼントなどの
諸々かかるお金まで考えると
年間130万円程度
欲しいところですね。

ここに夫婦での生活費を
足したものが必要な収入に
なってくるわけです。

食費を月10万円、
家賃を月10万円、小遣い等を4万円、
更に保険料と交際費医療費等で
6万円かかるとしましょう。

(10+10+4+6)×12
=360万円

そこに養育費を足して

360万円+130万円
=490万円

ここまで考えると

夫婦の収入の合計が
500万円程度あれば
そこそこ余裕のある生活が
送れることがわかりますね。

もっと切り詰められるところは
たくさんあると思うので

食費や交際費等を切り詰めれば
もっと年収が安くても
ギリギリ生活はできると思います。

もちろん子どもが複数人いれば
1人あたり100万円程度は
追加でお金がかかるので、
そこも考慮した方が良さそうです。

まとめ

どうだったでしょうか?

かなりざっくり計算しましたが、
それなりに現実的な金額が
割り出せたのではないでしょうか?

現実的にもっと切り詰めることが
できるのと、

人数が増えれば
1人あたりの食費は
安くなる事を考えると

年収が500万円もあれば
子どもが2人までなら
ギリギリ生活ができますね。

逆に世帯年収が400万円を
切っていたりする場合は

パート等共働きをして
家計を支えないと
厳しそうです。

子どもの将来のことを
考えるのであれば

子どもの人数1人に対して
月6万円程度は学費の枠を
収入の中に用意しておき

学校や習い事代を
その6万円の中から引いて、

余った額は大学のために貯金
という形にすると
将来的に安心できそうです。

最近高校や大学の無償化の
法案も通りましたから、
これから子育ての負担は
更に減っていくはずです。

こう考えると
これからの将来にも
希望が持てるのでは
ないでしょうか。

ここまで読んで
まだ不安が残っているようであれば、

ファイナンシャルプランナーなどの
専門家に相談して、
具体的な月々の計画を
立ててみるといいと思います。

未来のことがわかれば
得体の知れない子育てへの不安は
かなり軽くなると思います。

相談料は1万円から2万円くらいと
ぱっと見高いですが
22年間分の計画を立てられることを
考えればそこまで高くもありませんね。

これを機に自分の収入と
必要なお金について
見直してみてくださいね!!


この記事が『面白かった』
『ためになった』と感じたら
下のボタンからコメントを付けて
つぶやいてくださいね!

コメントには
いいね付けに行きます!!

シェアする

フォローする

この記事を書いた人

この記事を書いた人

 

 子育てアドバイザー、
 心理カウンセラー。

 

両親の不仲、激しいいじめなどの様々な原因から幼稚園児の頃に自己肯定感がボロボロになった。

幼稚園児の頃から大学生まで常に自殺未遂をしながら生きてきたが、心理学と出会い自己肯定感の低さを克服。

現在は自分のように家庭環境が原因で苦しんでいる子どもや子育て中のお母さんのために自分の経験や知識を広めるため活動中。

プレゼント

ブログ読者限定
プレゼント!!

人気記事はこちら

人気記事はこちら