筋トレで背が伸びなくなるは大嘘!?成長期の筋トレの真実とは?

よくインターネットなどでは
『筋トレすると背が伸びなくなる』
なんて話をよく聞きますよね。

もはやこれが常識と
なってしまっているくらい
有名な説ではありますが

実はこの説は
大きな間違いであることを
あなたはご存知でしょうか?

このお話を知っているだけでも
子供の身長は大きく伸びやすく
なってくれますし

逆にこのお話を知らないと
みすみす成長の機会を見逃し

それどころか子供の成長を
妨げることにも繋がります。

今日はそんな
筋トレと成長の真実について
お話しさせていただきます。

筋トレで背が伸びなくなるは大嘘

世間では
『筋トレすると身長伸びなくなる説』
がかなり支持されていますが

はっきり言ってこの説は
科学的根拠が希薄であると
言わざるを得ません。

この説をわかりやすくまとめると

・増えた筋肉が骨の成長を邪魔する

・筋肉の重量で骨が縮む

というものです。

これだけ聞いた限りだと
何やらあり得そうな話に
思えてきますね。

ですが結論から言ってしまうと
この説は全くの間違い

論文の中でも相当精度の高い
論文であるメタ分析において
(多くの実験結果を多方面から
分析し真実に迫る方法)

2010年に過去60年の間に出た
『筋トレと成長』に関する
データをまとめた結果
成長期に筋トレをした場合は

・筋肉、筋力が右肩上がりで伸びる

・テストステロンが増える
(男性ホルモンの一種
体つきが男らしくなる
女性にはあまり関係ない)

・成長ホルモンが増える
(身長を伸ばしたり
疲れを取ったりする
作用がある)

という傾向が一貫して
見られたそうです。

特にこの中でも
成長ホルモンの増加はありがたく

子供の身長が伸びるのに
1役買ってくれること
間違いなしです。

という訳で
『筋トレすると身長が伸びない』
という説には全く根拠がなく

むしろ成長ホルモンを分泌する分
筋トレはした方が
いいんじゃないかな?
というのが結論になるわけです。

1日4分でできる健康的な筋トレ

筋トレをすると背が伸びる
ということがわかったところで

『どんな筋トレをしたらいいの?』
疑問に思った方も多いかもしれません。

なので最後に僕から
『1日4分でできる効果的な筋トレ』
について紹介して
終わりにしたいと思います。

それはSITと呼ばれる
運動方法なのですが
やり方は単純で

①30秒間『全力』で運動する

②3分間の休憩をする

③30秒間『全力』で運動する

④終わり!

というものです。

『全力で』というのがポイントで
SITを実践するときは

もうこれ以上は絶対に
できないくらいまで
全力で体を追い込みます。

そうすることによって
45分の有酸素運動と同じだけの
健康効果が得られるうえに

最近の論文では
たった6回のSITで
頭が良くなった
なんてデータも出ています。

そもそも運動は
脳にとって非常に素晴らしいので
運動を日常生活に取り入れることは
人生を左右するレベルの価値があります。

頻度としては
週に2~3回でいいんじゃないかな?
というのがメタ分析の結論として
出ているので

とりあえずは週2回のSITを
親子でやってみる
良いと思います。

具体的にどんなメニューで
筋トレすればいいの?って
話ですが

僕としては『バーピー』
おすすめしています。

というのも『バーピー』は
全身の筋肉を程よく鍛えられる
だけでなく

心肺機能の向上において
非常に有効なトレーニングだという
研究結果があるからです。

やり方がわからない方は
以下の動画を参考にして
みてください。

お子さんだけでなく
お母さんやお父さんにとっても
やる価値の高い筋トレなので
是非とも実践してみましょう。

まとめ

今日は成長期の筋トレの真実と
効率的な筋トレの方法について
お話しさせていただきました。

筋トレは健康法や
ダイエット方法として見ても
最高に効果の高いものですので

家族単位で生活に取り入れる
価値が非常に高いものです。

筋肉量が増えれば
基礎代謝が上がり
痩せやすくなる効果も
ありますので

成長期の子供に欠かせない
『プロテイン』と併用すると
さらに健康効果が高まると思います。

プロテインを飲むと背が伸びるよ
って話については

下に貼っておく記事にも
詳しく書いてあるので
是非参考にしてみてください。


この記事が『面白かった』
『ためになった』と感じたら
下のボタンからコメントを付けて
つぶやいてくださいね!

コメントには
いいね付けに行きます!!

シェアする

フォローする

この記事を書いた人

この記事を書いた人

 

 子育てアドバイザー、
 心理カウンセラー。

 

両親の不仲、激しいいじめなどの様々な原因から幼稚園児の頃に自己肯定感がボロボロになった。

幼稚園児の頃から大学生まで常に自殺未遂をしながら生きてきたが、心理学と出会い自己肯定感の低さを克服。

現在は自分のように家庭環境が原因で苦しんでいる子どもや子育て中のお母さんのために自分の経験や知識を広めるため活動中。

プレゼント

ブログ読者限定
プレゼント!!

人気記事はこちら

人気記事はこちら