ほとんどの親が勘違いしている子供が屁理屈を言う本当の理由

あなたは子供が屁理屈を
言ったことが原因で
大喧嘩をしてしまったことは
ありませんか?

親子が喧嘩をする理由
なんてものは大体の場合
些細なものだと思います。

子供が屁理屈を言う
本当の理由がわかっていれば

あなたはこれから先
子供と喧嘩をする機会は
少なくとも半分程度になるでしょう。

そうすれば、
自然とスキンシップの時間も増え
子供と良好な関係を
作り上げることができます。

逆に屁理屈の本当の意味を
知らなければ

あなたは子供と些細なことで
喧嘩を繰り返し

何十、何百という時間を
無駄にするだけではなく

子供との関係にも亀裂が入り
子供に好かれないどころか

心無い罵詈雑言
それこそ日常的に『クソババア』
などと言われる原因を
自分から作っていくことに繋がります。

子供はなぜ屁理屈を言うのか

そもそも、子供はなぜ
屁理屈を言うのか
考えてみたことはありますか?

ほとんどの親は
子供が言っていることを
そのままの意味で受け止めて

それを理屈が通っていない
屁理屈だと非難し
まともに取り合おうとはしません。

ですが本来、
子供が表面上で言っていることなんて
大した問題ではないのです。

私達が本来見るべきは
言葉の奥にある子供の感情なのです。

あなたは子供に
『クソババア』と言われたら
理不尽だと思いますか?

確かに大人な対応とは
言えないかもしれません。

ですが私は
これを決して
理不尽ではないと思います。

『クソババア』と言ってくる子供には
そう言ってくるように
なった経緯があるのです。

心無い言葉に
傷つく気持ちはわかりますが
その原因は自分にある可能性が
極めて高いんです。

そんな時私たちは
冷静さを失ってはいけません。

冷静に子供が怒っている理由を聞き出し
それに誠意をもって対応しなくては
ならないんです。

子供の気持ちと向き合うためには

先ほども言ったように
子供の屁理屈には必ず
それを言うだけの理由があります。

あなたに対して持っている
何らかの不満の感情が
屁理屈になって出てきているのです。

屁理屈の裏に隠された
本当の感情を理解するためには

普段から子供の言ってることの
真意を探る気持ちが大切です。

子供は言いたくてあなたに
暴言を吐いているのではありません。

あなた自身が子供に
暴言を吐かせている可能性が
極めて高いといえるんです。

暴言を吐かれたときは
しっかりと子供の真意を理解し
受け止めてあげることを
常日頃から意識して

身につけていくことが大切です。

まとめ

どうだったでしょうか?

子供の屁理屈や暴言に
隠れた意味があるなんて思わなかった!
という方も多かったのではないでしょうか。

子供の気持ちはとても複雑です。

そして私たち大人のように
不満を必ずしも適切な言葉に
変換できるわけではないのです。

そこは私達大人が
理解を示してあげなくては
ならない部分だと思います。

間違っても子供の罵倒に
罵倒で返すなどということは
しないようにしてくださいね。

そこをぐっとこらえて
子供ときちんと対話することが
できたならば

あなたは今以上に子供と理解し合い
理想の親子関係にまた一歩
近づくことができるでしょう。


この記事が『面白かった』
『ためになった』と感じたら
下のボタンからコメントを付けて
つぶやいてくださいね!

コメントには
いいね付けに行きます!!

シェアする

フォローする

この記事を書いた人

この記事を書いた人

 

 子育てアドバイザー、
 心理カウンセラー。

 

両親の不仲、激しいいじめなどの様々な原因から幼稚園児の頃に自己肯定感がボロボロになった。

幼稚園児の頃から大学生まで常に自殺未遂をしながら生きてきたが、心理学と出会い自己肯定感の低さを克服。

現在は自分のように家庭環境が原因で苦しんでいる子どもや子育て中のお母さんのために自分の経験や知識を広めるため活動中。

プレゼント

ブログ読者限定
プレゼント!!

人気記事はこちら

人気記事はこちら