子供が眠ってくれない!子供がスムーズに眠ってくれる裏技とは?

子供が眠ってくれない!

というのはお母さんであれば
誰でも一度は抱えてしまうような
悩みですよね?

実際に先日こういった悩みを
僕に相談してくれたお母さんが
いらっしゃいましたので

今日は子供の睡眠と
子供をスムーズに寝かせる方法
ついてお話ししようと思います。

今日のお話を読むことで
あなたは子供の睡眠について
悩んでしまうことがなくなり

毎日のストレスが大きく減る
ことになります。

子供と睡眠は切っても
切り離せない関係にあるので

逆に今日のお話を読んでいないと
睡眠の間違った知識に振り回され

神経質に睡眠について悩みながら
何年間も過ごすことに
なってしまうかもしれません。

適切な睡眠のタイミング

皆さんも睡眠のゴールデンタイム
というお話を聞いたことが
あるのではないでしょうか?

ゴールデンタイムとは
睡眠の中で成長ホルモンが
特に多く分泌される時間の事で

一般には22時から2時までと
言われていることが多いです。

ですがそれは誤りで
実際のゴールデンタイムは
眠り始めの4時間のことを
指していますので

実際のところ世間一般に
出回っているデマ情報を
真に受けないことが大切です。

実際のところゴールデンタイムは
寝ている人全てに意識しなくても
勝手に訪れていますので

むしろ睡眠時間や睡眠の質
にこだわった方がよほど
睡眠には効果的です。

とはいえ、
早寝をした方がいいのは事実で
深夜帯は思考がネガティブに
なりやすいこともわかっています。

ですが、睡眠に神経質に
なり過ぎてしまう方が明らかに
子供にとってもお母さんにとっても
体に悪いですので

ある程度の時間のズレは誤差と
考えてあげた方が健康には
いいことを覚えておいてください。

子供をスムーズに寝かせる方法

これは子供に限った話ではないのですが
スムーズに眠ってしまうためには
入浴を上手に使うことが大切です。

具体的には寝る1~2時間前までに
38~40度程度のお湯に
10~15分程度漬かると良いです。

基準としては
額に汗がにじんでしまうようであれば
少し漬かり過ぎなので

子供の額に汗がにじんできたら
時間にかかわらずお風呂から
出してあげると良いと思います。

詳しい睡眠のメカニズムは
複雑になってしまうので割愛しますが
(下手すると本が1冊書けます(笑)

入浴を上手に使ってあげると
眠るときに丁度体の芯の温度が
下がった状態になりますので
スムーズに眠りやすくなります。

なので毎日入浴の時間には
極力気を付けてみましょう。

それだけでも
子供がすんなり寝てくれるかどうかが
変わってくると思います。

まとめ

今日はざっくりではありますが
子供の睡眠についてと

子供をスムーズに寝かせるための
テクニックを紹介しました。

今日の内容を実践するために
あまりにも神経質に
なる必要はありませんが
(そっちのほうが体に悪いです)

生活に無理なく組み込むことが
比較的簡単な内容になっていますので
是非とも実践してみてくださいね!


この記事が『面白かった』
『ためになった』と感じたら
下のボタンからコメントを付けて
つぶやいてくださいね!

コメントには
いいね付けに行きます!!

シェアする

フォローする

この記事を書いた人

この記事を書いた人

 

 子育てアドバイザー、
 心理カウンセラー。

 

両親の不仲、激しいいじめなどの様々な原因から幼稚園児の頃に自己肯定感がボロボロになった。

幼稚園児の頃から大学生まで常に自殺未遂をしながら生きてきたが、心理学と出会い自己肯定感の低さを克服。

現在は自分のように家庭環境が原因で苦しんでいる子どもや子育て中のお母さんのために自分の経験や知識を広めるため活動中。

プレゼント

ブログ読者限定
プレゼント!!

人気記事はこちら

人気記事はこちら