子育てが辛くなる本当の原因!?親子関係の縦と横

あなたは子供と生活したり
接したりするときに

『辛いな』とか『しんどいな』
などと思ったことはありませんか?

あなたがそういった気持ちに
なってしまう原因は
実は親子関係の作り方に
あるのかもしれません。

今日は
『人生を変えるための心理学』
アドラー心理学の
内容の一部に基づいた

親子関係の正しい作り方
についてお話しします。

これを読むことによって
あなたは親子関係が辛いとか
しんどいと感じることがなくなり

あなたとあなたの子供との関係性は
今よりも遥かに気楽で居心地の良い
物へと生まれ変わります。

親子関係の縦の関係

多くの家の親子関係は
縦の関係だと言われています。

縦の関係をわかりやすく例えると
会社の上司などは典型的な
縦の関係であると言えます。

上司が一方的に部下に
命令する権利を持っていて

基本的に部下はそれに逆らう
術を持っていない状態です。

逆らうとしたら
決死の覚悟で上司に反抗するしかなく
その結果会社をクビになることも
あるでしょう。

全く同じとまでは言いませんが
多くの親子関係も
自覚があるかどうかは別として
これと限りなく近いものです。

住む家一つ取っても
家は親の所有物であり
子供の所有物ではありませんし

いざとなったら
食べ物を子供に与えないだけで
子供を殺すこともできてしまいます。

つまり会社の上司や社長が
社員をクビにできる状態と
そう変わらないわけです。

言ってしまえば
縦の関係の上の立場の人は
いつでも下の人を殺したり
好きに命令できるわけです。

そして子供にとって
親子関係を縦の関係に
感じてしまう瞬間は

『お前をいつでも殺せるし
好きにすることができる
それが嫌だったら言う事を聞け』
と親に言われた瞬間です。

これをそのまま口にする人は
恐らくいないとは思いますが

多かれ少なかれ
ほとんどの親は

これと同じような意味を持った言葉を
無意識に子供に投げかけています。

実際のところ
子供は自分1人で生きていく術を
持ち合わせてはいないわけですから

『親はいつでも子供を殺せる』
というのは嘘偽りない事実です

常日頃からそんな手札を
子供に見せびらかして

子供に対して自分の気持ちを
無理やり押し付けていたら

当然ですが子供とは
心の距離が開きますし
嫌われる原因になります。

わかりやすく言えば
『理不尽な上司が好きな人はいない』
ということです。

ほとんどの親は子供にとって
理不尽な上司そのものです。

そんな家庭環境下では
子供はのびのび生活することは
できませんし

大きな夢を持ったり
自分の生きたいように生きる
ということはできなくなって
しまうんです。

親子関係の横の関係

逆に理想の親子関係は
縦の関係とは真逆の
横の関係であると言われています。

横の関係は
友人関係に近いものがあります。

別にため口で話せばいい
という訳ではありません。

お互い敬語だったり
年下が敬語を使ったりしても
友人関係が成り立つように

お互いに丁寧な言葉を使っても
横の関係は成立します。

友人関係では2人のうちの片方が
何か悩み事をしていたとすると
どのような行動をするでしょうか?

例えばこれが縦の関係だと
悩み事やミスを作った部下を
上司が叱りつける
ということが起こります。

逆に上司が悩んでいたとしたら
強制的に部下に問題を解決させる
なんてことも普通にあるんです。

ですが友人関係であれば
そんなことにはなりませんよね?

1人が悩んでいる、
困っているときに
もう1人が手を貸すことは

『優しさ』ではあっても『義務』
では決してないんです。

要するに1人はもう1人に対して
『手を貸してもいいし
貸さなくてもいい』という
選択の自由を持っているわけです。

他にも友人関係であれば
頼み事なども強制ではなくなります。

『頼みごとを断ってもいいし
断らなくてもいい』わけです。

このように横の関係では
お互いに選択の自由があり

逆に縦の関係では
下の人間に選択の自由はありません。

だからこそ親子関係も
横の関係にしていくために
努力していかなければ
なりません。

それには縦の関係の上の立場である
親の協力が絶対に必要になります。

親子関係を縦の関係から
横の関係に変えていくには

『相手を1人の人間として尊重する』
ことが最も大切なことになります。

相手の話をよく聞き
相手の意見をないがしろにすることなく
対等な1人の人間として接する。
それができたら理想的です。

『子供は親のアドバイスを
受け入れてもいいし
受け入れなくてもいい』

これが親子関係の大原則です。

この原則がわかっているだけでも
些細な喧嘩は激減するのでは
ないでしょうか?

まとめ

今日は親子関係の縦と横
についてお話をしました。

親子関係が縦の関係から
横の関係に生まれ変わることは

いわば会社の上司と
一緒の家に住むか
友達と家に住むかくらいの
劇的な違いがあります。

あなたも今日から
『相手を1人の人間として尊重する』
ということを忘れず
子供と接してみてください。

それだけでも親子関係は
縦の関係から横の関係に近づき
より居心地のいいものに
生まれ変わっていくはずです。


この記事が『面白かった』
『ためになった』と感じたら
下のボタンからコメントを付けて
つぶやいてくださいね!

コメントには
いいね付けに行きます!!

シェアする

フォローする

この記事を書いた人

この記事を書いた人

 

 子育てアドバイザー、
 心理カウンセラー。

 

両親の不仲、激しいいじめなどの様々な原因から幼稚園児の頃に自己肯定感がボロボロになった。

幼稚園児の頃から大学生まで常に自殺未遂をしながら生きてきたが、心理学と出会い自己肯定感の低さを克服。

現在は自分のように家庭環境が原因で苦しんでいる子どもや子育て中のお母さんのために自分の経験や知識を広めるため活動中。

プレゼント

ブログ読者限定
プレゼント!!

人気記事はこちら

人気記事はこちら