子どもの朝食は何がベスト?手抜きで美味しい朝食の作り方

毎日毎日子どもの
ご飯を作っていると

どうしても『大変だなあ』
『ラクしたいなあ』って気持ちが
湧いてきますよね?

そもそも
料理というものは

人間が生きるのに必要な
栄養を補給するために
するものです。

栄養があっておいしければ
それだけで100点満点ですよね?

要するに料理は
美味しくて栄養があれば
手間なんてかけなくても
いいんです。

今日は美味しくて栄養のある
簡単な朝食の作り方を
ご紹介します。

子どもの成長に良くない朝食って?

一般的に思い浮かぶ
簡単な朝食のメニューといえば

『パン』か『シリアル』あたりが
定番ですよね。

ですが、子どもの健康のことを
考えるのであれば

パンやシリアルなどを
食べさせるのは
あまりおすすめできません。

そもそも、パンやシリアルは
カロリーが非常に高く
3大栄養素の炭水化物のみを
豊富に含んだ食べ物です。

逆に言えばパンやシリアルには
その他の栄養はほとんど
入っていません。

要するにカロリーばかり高くて
栄養がほとんど無いんです。

子どもの健やかな成長のためには
たんぱく質、カルシウム、ビタミンD、
ビタミンKなどの栄養が欠かせません。

パンやシリアルを食べると
栄養が偏ってしまうので
子どもの成長に悪影響を
与えてしまうわけです。

また、ハムやソーセージ、
ベーコンなどの加工肉も
おすすめできません。

多くの観察研究によって
これらの食品の人体への悪影響が
証明されていて

ある実験では
週に4本のソーセージを
食べ続けていると

76%というあり得ない確率で
喘息が悪化するとの
報告もあります。

また、全ての食品についての
解説はできませんが

一応その他にも
科学的に見てヤバい食材を
いくつかピックアップ
しておくと

パン、シリアル、麺、サラダ油、
マーガリン、加工肉辺りは
本当に体に良くないので

なるべく食べないように
したいところです。

栄養があって使い勝手の良い食品

ここまでのお話だけだと
『全然簡単じゃないじゃん!』
と思った方も多いかもしれません。

ですがここからが
手抜きクッキングの
本領発揮です。

実は手料理をするうえで
世間では偏見の目で見られ
あまり良い顔を
されていないものの

実は栄養価が非常に高く
便利な食品が存在します。

その食品とは
『冷凍野菜』です。

冷凍野菜は旬の時期に
大量に収穫した野菜を
軽くゆでて冷凍したものです。

当然旬の生野菜と比べると
栄養価が若干劣りますが

冷凍野菜も旬の野菜なので
季節の外れた野菜に比べれば
格段に栄養が豊富

何より調理も
皿に出してレンチンするだけ
とてつもなく簡単です。

更に、1度に大量に買ってきて
冷凍しておくということもできるので
買い物の手間も大幅に軽減できます。

冷凍野菜の中でも
特におすすめな野菜は
ほうれん草です。

ほうれん草は緑黄色野菜なので
栄養豊富かつ、
味にも癖がないので
非常に食べやすい野菜です。

また、子どもの骨の成長に欠かせない
ビタミンKが豊富に含まれているのも
ほうれん草の良い所です。

私も大好きで愛用している
業務スーパーであれば
500gで160円という
破格で購入できるので

お財布にも優しく
とても経済的な食品です。

ほうれん草をお皿に出して
レンジでチンした後

塩コショウとオリーブオイルで
あえてあげるだけで
美味しいサラダが作れるので
おすすめです。

また、冷凍ほうれん草以外にも
おすすめの食品が
いくつかいくつかあります。

1つ目は『冷凍じゃがいも』です。

じゃがいもはパンやご飯と同じく
炭水化物が豊富な食品です。

ですが、パンなどと比べて
じゃがいもは栄養価が高く

炭水化物だけでなく
各種ビタミンまで含まれているので
非常に健康的な食品です。

ちなみに業務スーパーで
1kg250円で売ってます。 

2つ目のおすすめは
プロテインです。

プロテインは3大栄養素である
たんぱく質の塊でして

子どもの成長のためには
欠かせない栄養が豊富です。

手軽で腹持ちもよく
カロリーもそこそこなので
朝食にぴったりですね。

3分で作れるオススメ朝食メニュー

では、具体的な朝食の
メニューをご紹介します。

材料は以下の通りです。

ほうれん草とじゃがいもの
チーズカレー

①冷凍ほうれん草

②冷凍じゃがいも

③レトルトカレー

④チーズ

プロテイン

⑤プロテイン

⑥牛乳

ではそれぞれの具体的な
調理の手順をご紹介しましょう。

①ほうれん草とじゃがいもを
深めのお皿に盛る

ほうれん草とじゃがいもの量は
お子さんが食べきれる量を
見極めて入れましょう。

ほうれん草とじゃがいもの比率は
1:1くらいがおすすめ。

また、お皿は
これからカレーとチーズを
上にかけるのである程度
余裕のあるお皿を使いましょう。

②①をレンジでチンして
軽く水分を飛ばす

野菜が凍ったままカレーをかけると
べちゃべちゃになるので
水分を軽く飛ばします。

量にもよりますが
3~4分が目安です。

③②にレトルトカレーと
チーズをかけて1分チンする

カレーとチーズをかけてから
レンジで温めましょう。

ちなみにこの時にかける
カレーの味がこの料理の
全てを決めます。

私のおすすめは
業務スーパーで売っている
『野菜と果物が溶け込んだカレー』です。
(1袋50円)

チーズは結構溶けにくいので
私は仕上げにバーナーで
チーズを溶かしてます。
(バーナーはAmazonで1000円)

カレーはこれで完成です。

④プロテインを作る

最後にプロテインを
シェーカーで牛乳と混ぜます。

カレーをレンチンしている間に
ササっと作ってしまいましょう。

プロテインは甘くて飲みやすい
ジュースのようなものを
買うのがおすすめです。

ここまで作るのに
実際に使う時間は
待ち時間を除くと
最速3分程度です。

忙しい朝にこの手軽さは
凄くありがたいですよね。

まとめ

どうだったでしょうか?

長くなりすぎてしまうので
1つのメニューしか
紹介できませんでしたが

朝食なんて毎日
メニューを変えるものでも
ないですし

そもそもパンに比べたら
これを毎日食べた方が
100倍マシです。

材料は全て冷凍できるものや
日持ちするものなので
買い物も楽で安心ですね。

もちろん大人にとっても
最適なメニューになっているので
ぜひ試してみてくださいね!!

また、おすすめのプロテインや
サプリメントについての記事も
興味があれば読んでみて下さい!

おすすめのプロテイン

おすすめサプリメント


この記事が『面白かった』
『ためになった』と感じたら
下のボタンからコメントを付けて
つぶやいてくださいね!

コメントには
いいね付けに行きます!!

シェアする

フォローする

この記事を書いた人

この記事を書いた人

 

 子育てアドバイザー、
 心理カウンセラー。

 

両親の不仲、激しいいじめなどの様々な原因から幼稚園児の頃に自己肯定感がボロボロになった。

幼稚園児の頃から大学生まで常に自殺未遂をしながら生きてきたが、心理学と出会い自己肯定感の低さを克服。

現在は自分のように家庭環境が原因で苦しんでいる子どもや子育て中のお母さんのために自分の経験や知識を広めるため活動中。

プレゼント

ブログ読者限定
プレゼント!!

人気記事はこちら

人気記事はこちら